火の豚(人形町)

人形町駅より徒歩2分。
月曜日、18時半前に訪問。

外観

埼玉で発祥した二郎系と蒙古系のコラボ。両者での経験を生かした店主が作り上げるフュージョンラーメン。注文は二郎系スタイルで、麺の茹で上がり時にトッピングコール。訪問時、手狭な店内はほぼ満席状態。

メニュー

フュージョン(やさい、ニンニク、しょうが)

スープ:豚と根菜によって炊き出された微乳化スープ
麺:低下水率の縦切り平打ち極太自家製麺
具:チャーシュー、マーボー餡、もやし、ニンニク、しょうが

スープは微乳化でくどくなく、カエシも塩分は控えめ。それよりビジュアル的にも目を惹く麻婆餡の辛みとニンニクが食欲を掻き立てる。麺は二郎系特有のモチモチ、ゴワゴワとした食感とそのボリュームは食べ応え充分。チャーシューはホロホロとした分厚い豚バラロール。もやしのゆで加減はクタクタ。麻婆餡と麺の存在感に終始圧倒された一杯でした。

店舗情報 ※要確認
住所:東京都中央区日本橋人形町3-7
営業時間:11:00~21:00、日曜日 11:00~15:00
定休日:無休